税込8,000円以上購入で配送料無料

税込8,000円以上購入で配送料無料

ルデラディスって何?

 ルデラディスは大麻の世界で最も知られていない種であることから、今回はこの興味深い大麻種を詳しく解説します。ルデラディスは、サティバインディカと比べてその存在感は低いですが、その独自の特性と利点があります。

ルデラディスの歴史

 ルデラディスは、ロシアやシベリアなどの寒冷地域に自生している大麻の種です。この種は、19世紀に初めて学術的に記録されました。その後、この種の特性が自動開花オートフラワリング)であることが明らかになり、育種者によって利用されるようになりました。

特性と特徴

 ルデラディスは、他の大麻種に比べていくつかの顕著な特徴を持っています。まず、その植物の外観は小柄で、通常は2〜3フィートほどの高さにしか成長しません。また、この種は自動開花の特性を持っており、光サイクルに依存せずに花を咲かせます。これは栽培者にとって非常に便利であり、特定の条件下で短期間で収穫できることを意味します。

THCとCBDとの関係

 ルデラディスは、THC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)の含有量が比較的低いことで知られています。通常、THCはわずか1%未満であり、CBDもそれほど高くはありません。この低いカンナビノイド含有量は、精神活性の影響が少ないため、医療用途や産業用途に適していると考えられています。

まとめ

 ルデラディスは、大麻の3つの主要な種の中で最も知られていない種の一つですが、その独自の特性と利点を持っています。自動開花の特性、寒冷地域での生育能力、低いTHC含有量などが、この種の重要性を示しています。将来、育種者や研究者がルデラディスをさらに探求し、その潜在的な用途を発展させる可能性があります。

関連記事