税込8,000円以上購入で配送料無料

税込8,000円以上購入で配送料無料

大麻は何歳から吸っていいの?

 大麻の使用を始めたのはいつでしょうか?そして、その際の年齢は何歳でしたか?

  大麻の使用を始めるのは十代の頃が一般的ですが、大麻の使用が十代の脳の発達に悪影響を及ぼすのか、非常に重要です。一部の研究によれば、アメリカ合衆国における大麻使用の合法年齢は21歳である必要はないと言われいています。もう少し若い年齢であれば、長期的な脳の発達に大きな違いは生じないかもしれません。

大麻は若い脳にどのように影響するか?

 十代に大麻の使用を始めると、長期的な影響をもたらすリスクを高めます。

 思春期の大麻使用の最も注目すべき長期的な副作用は、脳の発達を変化させることです。人間の脳は早い段階から20代の初めか中頃まで発達を続けるということが知られています。

 したがって、脳の形状が変わる他、さまざまな領域での発達が進行している中で、若い脳はまだ完全な成熟段階に達していないため、大麻使用による長期的な副作用にはより大きなリスクがあります。

大麻の使用を始める理想的な年齢は?

 アメリカ合衆国では、大麻を購入する合法な年齢は21歳です。カナダでは、合法な年齢は19歳です。これらの年齢は、大麻の使用を始める理想的な時期を示しているのでしょうか?

 興味深いことに、2020年にBMC Public Health誌に掲載された一つの研究は、19歳以上の年齢で大麻を使用しても、個人が脳の長期的な副作用を発展させるリスクがあるわけではないことを指摘しています。研究のリード著者であるHai. V Nguyenは、「19歳で大麻の使用を始めた場合と、21歳以上で始めた場合とでは、後の人生の結果において大きな違いはありません」と述べています。

 つまり、アメリカ合衆国は大麻の使用を21歳以上に制限していますが、研究は、合法年齢を21歳まで待つことと、それよりも前に数年早くから使用することの脳の長期的な影響に大きな違いはない可能性を示唆しています。

結論

 長らく、脳は25歳近くで完全に成熟すると言われてきました。しかし、最近の研究は、19歳で大麻を使用しても、脳の発達に大麻を25歳で使用するよりも大きな負の影響を与えることはほとんどないことを指摘しています。それでも、特に頻繁に使用する場合、19歳未満での大麻使用はお勧めされていません。大麻を使用する年齢と頻度は、個人の健康に影響を及ぼす重要な要素です。

※大麻は日本では違法になりますので絶対に吸わないようにお願い致します。

※こちらのブログでは大麻を推奨しているブログではありません。

ただ、NEOCANNABISでは大麻の擬似体験ができる商品がたくさんあります!初めてカンナビノイドを吸い始める方にはこちらの初心者用の商品をおすすめしております!詳しくは商品をタップ!

関連記事