税込8,000円以上購入で配送料無料

税込8,000円以上購入で配送料無料

CBL(カンナビシクロール)

 カンナビシクロール(Cannabicyclol、略称:CBL)は、カンナビノイドとして知られる化合物の一つです。カンナビシクロールは、カンナビクロメン(CBC)が酸化することによって生成され、カンナビノール(CBN)がTHCに対して持つ関係と似たような関係を持っています。

 カンナビノイドは、植物中のカンナビス植物に存在し、さまざまな条件下で化学的な変化を経て生成されたり変換されたりします。CBCがCBLに酸化されるプロセスは、熱、老化、紫外線などの要因によって引き起こされます。

CBLの効果は何ですか?

 現時点では、CBL が人体にどのような影響を及ぼし、精神を変える可能性があるかについては、ほとんどわかっていません。ただし、このカンナビノイドは CBC の誘導体であるため、中毒性はないと考えられます。CBC は完全に非酩酊作用を持ち、THC と CBN の関係を例にとると、酸化によって出現するカンナビノイドは通常、元の物質よりも作用が弱いと言われています。

ヘンプ経済の第4波

 ヘンプ経済における「第4の波」は、新たなカンナビノイド(例:CBLやCBT)の発見と研究が続くことを指し、これらの新しいカンナビノイドが市場で受け入れられる過程を表現しています。現在、多くのカンナビノイドが利用可能であり、消費者は新しい麻カンナビノイドに対する興味を持ちやすくなっています。

 CBL は精神活性がありますか?

 CBL がハイにさせるという意味で精神活性があるという兆候はありませんが、CBD であっても、すべてのカンナビノイドにはある程度精神活性があります。そうは言っても、CBL は中毒性がないと考えられている CBC と関連しています。結果として、CBL がハイにさせる性質を持っている可能性は非常に低いです。

最後に

 CBL(カンナビシクロール)は未だ研究段階なので、正確な情報は少ないのが現状です。グリーンラッシュで今後CBL以外にも新しいカンナビノイドが出現する可能性があります。その都度、情報を再確認をして、対応ができるようにしましょう。また違法であるとわかっている成分については、手を出さないようにしましょう。

※こちらのブログは大麻を推奨集するものではありません

※NEO CANNABISでは違法成分を取り扱っておりません。

関連記事