税込8,000円以上購入で配送料無料

税込8,000円以上購入で配送料無料

THCで体温が低下する

THCによる体温の低下

 カンナビノイドに含まれるTHCは、体の内因性カンナビノイド系(ECS)との相互作用を通じて、体温調節に影響を及ぼします。THCが体内のCB1受容体に結合すると、体温がわずかに低下することがあります。この効果は、臨床的な低体温症とは異なり、一般的には軽度の冷却感として体験されます。しかし、この効果は個々の代謝速度、体組成、耐性レベル、さらには摂取方法によって異なり、一部では顕著な冷却効果が見られる可能性があります。

TRPA-1受容体とカンナビス

 TRPA-1受容体は、寒さや熱、痛みなどの環境刺激に対する体の反応を担う重要な感覚受容体です。カンナビスの成分、特にTHCは、これらの受容体と相互作用することで、体温の知覚的な低下を引き起こす可能性があります。この効果は、体温調節と関連があり、特に炎症を減少させるための体の自然な反応の一部として機能します。THCによるTRPA-1受容体の活性化は、カンナビノイド使用者によく報告される冷却感の背景にある主要なメカニズムの一つと考えられています。

まとめ

 カンナビスが体温に与える影響は、THCと体の受容体との相互作用、投与量、環境条件など、多くの要因によって決まります。これらは未だ研究中であり、確定的な結論を出すことはできません。しかし一部の症例として体温低下が挙げられるので過剰摂取には注意が必要です。もし体温低下によって健康状態に影響が出る場合は、すぐにかかりつけの病院に行くようにしましょう

 これらの症状は大量摂取により引き起こされる症状です。必ず用法や用量を守ってカンナビノイドを楽しむようにしましょう。

これらの症状は初心者の過剰摂取によくあるので、初心者の方はGood Morningから吸ってみましょう!

関連記事