税込8,000円以上購入で配送料無料

税込8,000円以上購入で配送料無料

大麻と睡眠の意外な関係

 大麻は高揚感をもたらすだけでなく、多くの人に眠気を引き起こすことでも知られています。

大麻が眠くなる理由

THC(テトラヒドロカンナビノール)

THCは大麻の主要な化合物であり、高揚感や鎮静効果の主要な要因です。 THCは体内のエンドカンナビノイドシステムと相互作用し、メラトニンとドーパミンといった睡眠と快楽に関連する重要なホルモンの生成に影響を与えます。研究によれば、THCの摂取後、メラトニンの産生が増加し、2時間後にピークに達することが示唆されています。また、THCはドーパミンの減少につながる可能性があり、これは疲労感ややる気の低下につながると言われています。

テルペン

大麻にはTHC以外の化合物も含まれており、一部の高THC品種でも眠気を引き起こすことがあります。テルペンと呼ばれる香り分子が眠気を誘発するのに寄与しています。たとえば、ミルシンと呼ばれるテルペンは、眠気を誘発する可能性があり、研究ではミルシンがネズミの睡眠時間を増加させたことが示されています。その他のテルペンにも眠気を引き起こす可能性があるものがあります。

効果の収束:

大麻は初めはエネルギーを高めることができますが、効果が次第に薄れると疲労感を引き起こすことがあります。これは、大麻摂取後数時間後にメラトニンレベルが急上昇することに関連しています。   初めはエネルギーが高まるかもしれませんが、その後に眠気が襲ってくる可能性があります。

大麻の使用後の疲労感を避ける方法

運動

運動は自然なエネルギーブースターであり、疲労を減少させ、エネルギーレベルを向上させることができます。大麻を使用しながら運動することは、高揚感を長時間続けるだけでなく、筋肉の疲労や炎症にも良い影響を与えると言われています。

少ない量の大麻を摂取

大麻を摂取する際には、過度な摂取を避けることが重要です。最小の用量を摂取することで、不必要な疲労や不安を軽減できる可能性があります。特に予定がある場合は少量だけの摂取に控えましょう。

CBDを使用

CBDTHCとは異なり、警戒的な効果を持つ可能性があります。CBDTHCの一部の望ましくない副作用を軽減できる可能性があり、THCの影響を軽減することができます。

大麻の翌日の眠気

大麻を摂取した後、翌日に眠気を感じることがあります。これは一般的に「大麻二日酔い」として知られています。大麻は睡眠サイクルに影響を与える可能性があり、深い睡眠を増加させながら、急速眼球運動(REM)睡眠の時間を減少させることがあります。これにより、翌日の目覚めが難しくなることがあります。大麻の摂取が過剰だった場合、THCが体内に残存している可能性があり、それが翌日の疲労感やだるさを引き起こす可能性があります。

 大麻の影響は個人によって異なるため、適切な摂取量や品種を見つけることが重要です。また、大麻を使用する際には、その後の予定に影響を与えないように注意することが大切です。

※これは大麻を推奨するブログではありません。

※日本で大麻は違法なので絶対に吸わないようにお願い致します。

※NEO CANNABISではTHC含有の製品を一切取り扱っておりません。

 NEOCANNABISでは、合成カンナビノイドという日本でも合法的に大麻の擬似体験ができる商品がたくさんあります!その中でも朝が苦手な方や朝なかなか起きれない方に向けてシャキッとしたり集中があがるという口コミをたくさんいただいている商品があります!それが【Good Morning】です! 朝がスッキリしない場合は【Good Morning】を吸って良い一日にしましょう!

関連記事