税込8,000円以上購入で配送料無料

低濃度のカンナビノイドが最適な4つのシチュエーション

 一般的に、多くの人が高濃度のカンナビノイドを求めがちです。しかし、過剰な摂取は不安、気晴らしの感覚、あるいは偏執的な感じを引き起こすことがあります。実は、低濃度のカンナビノイドもその効果を存分に活かせる場面があるのです。では、どんな時に低濃度のカンナビノイドを選ぶと良いのでしょうか。

1. 一日の始まりに

 毎朝のルーティーンとしてカンナビノイドを摂取する人も少なくありません。しかし、高濃度のカンナビノイドを摂取すると、一時的な気分の高揚の後に疲れやだるさを感じることがあるのです。朝の時間帯は、セロトニンレベルが低いため、高濃度のカンナビノイドを摂取することで、セロトニンレベルの低下を促進し、後に疲れを感じる原因となります。このような場面では、低濃度のカンナビノイドを摂取することで、気分をリフレッシュし、一日をクリアな気持ちで過ごすことができます。

朝からも使える低濃度のおすすめ商品はこちら

【Good Morning】THCHO4% × CBG70% LIVELINE Red Bull 1ml

(2件のカスタマーレビュー)
¥4,980

カンナビノイド含有率 THCHO 4% CBG 70% CBGa 16% テルペン LIVELINE RED …

在庫あり

Category:

2. 午後のブレークタイム

 午後に入ると、多くの人が少し疲れを感じ始めます。この時、カフェインを摂取する代わりに、低濃度のカンナビノイドを試してみてはいかがでしょうか。高濃度のカンナビノイドやカフェインの過剰摂取による不安やジッター感を感じることなく、リフレッシュして仕事や日常タスクに取り組むサポートが期待できます。

3. 集中力を高めるため

 低濃度のカンナビノイドは、モチベーションや創造性を向上させる効果があります。細部に注意を払い、集中力を必要とするタスクに取り組む際には、低濃度のカンナビノイドを試してみる価値があります。不安を和らげ、ポジティブな思考を促進する効果も期待できるので、タスクへの取り組みがより楽しく、効果的になるでしょう。

4. 不安を軽減するために

 一部の人にとって、高濃度のカンナビノイドは不安や偏執感を高める原因となることがあります。そんな時、低濃度のカンナビノイドを試すことで、リラックス効果を得ながら、過度な不安や偏執感を感じることなく、バランスの良い状態を保つことができます。

 以上のように、シチュエーションに応じて低濃度のカンナビノイドを選択することで、日常のさまざまな場面でその効果を最大限に活かすことができます。カンナビノイドの摂取に関しては、自分の体調や状況に合わせて適切な濃度を選ぶことが大切です。

NEOCANNABISでは大麻の擬似体験が合法的に出来ます!最近の合成カンナビノイド界隈では、高濃度のものが出回りすぎて事件などにつながってるケースもあります。これからの時代は、高濃度より、ナチュラルな体感が流行っていくと思います!NEOCANNABISでは、他社よりもナチュラルな体感の商品がたくさんあります!是非普段使いできる商品を持っとくのがいいでしょう!商品詳細は下から!

関連記事