税込8,000円以上購入で配送料無料

税込8,000円以上購入で配送料無料

ライブロジンVSライブレジン

 カンナビス濃縮物は、その多様性特有の特性により、愛好家たちの間で大きな人気を博しています。中でもライブレジンライブロジンは、独特の製造方法とそれぞれの特徴で注目されています。これらの製品は、使用されるカンナビスの質や抽出プロセスによって、異なる風味香り効果を提供します。この記事では、これらの濃縮物の製造方法、それらの違いを詳細に説明します!

ライブレジンの製造方法

 ライブレジンの製造には、新鮮なカンナビス植物を収穫後すぐに凍結させることから始まります。この凍結プロセスは、植物のテルペンとカンナビノイドをそのままの形で保存し、後の抽出プロセスでこれらの成分を濃縮物に移し変えることを可能にします。溶剤としては、主にブタンやプロパンが用いられます。これらの化学溶剤を使用することで、濃縮物は強烈な香りと風味を持つようになりますが、溶剤抽出プロセスは高度な技術と厳格な品質管理を要求されます。最終的な製品は、溶剤を完全に除去することで、安全で高品質なカンナビスを提供します。

ライブロジンの製造方法

 ライブロジンは、化学溶剤を一切使用せずに製造される、別のタイプのカンナビス濃縮物です。抽出プロセスには、水、熱、そして圧力のみが使用され、これによりカンナビスから濃縮物を抽出します。この方法は、溶剤を使用しないため、多くの消費者によってより自然で「クリーン」と見なされています。ライブロジンの製造は、より伝統的な手法に基づいており、化学的な残留物の心配がなく、植物の自然な特性を最大限に引き出すことができます。しかし、高品質なライブロジンを製造するためには、精密な温度管理と圧力の適用が必要であり、熟練した技術が求められます。

ライブレジンとライブロジンの違い

 ライブレジンライブロジンは、それぞれ異なる抽出方法によって、異なる種類のカンナビスを提供します。ライブレジンは、その強烈な風味と香りで知られ、溶剤抽出による深い味わいが特徴です。一方、ライブロジンは、より自然な抽出方法により、化学的な操作が少ない製品として愛されています。どちらの製品も、最終的な品質は使用されるカンナビスの品質と抽出者の技術に大きく依存します。

当社ではLive Lineテルペンを使用しています。

これらの商品にLive Lineテルペンが入っております!気になる方がいましたらぜひお試しください!

※こちらのブログは大麻を推奨するものではありません

※NEO CANNABISでは違法成分を取り扱っておりません。

関連記事