税込8,000円以上購入で配送料無料

税込8,000円以上購入で配送料無料

カンナビゲロール(CBG)とは何ですか?

 カンナビゲロール(CBG) は、大麻植物に含まれるカンナビノイドの一種です。それはしばしば「すべてのカンナビノイドの母」と呼ばれます。これは、他のカンナビノイドCBGの酸性形態であるカンナビゲロール酸(CBGA)に由来しているためです。

 CBGは、カンナビジオールCBD)やテトラヒドロカンナビノール など、大麻植物に含まれる他のカンナビノイドよりも少量しか含まれていません。このため、カンナビゲロール由来の消費者製品は希少で、多くの場合高価になります。しかし、カンナビノイドがもたらす多くの潜在的な利点のため、CBGの人気は高まっています。 

植物中のCBG濃度

 CBGは若い大麻植物に由来しており、完全に発達した植物よりも多量のこのカンナビノイドが含まれています。CBD と THC は両方とも、CBG の酸性形態である CBGA として始まります。これが、若い大麻植物に含まれる濃度が高い理由です。

 逆に、高濃度のTHCとCBDを含む完全に発達した植物では、非常に低い濃度のCBGが見つかります。ほとんどの植物株では、CBG は 1% しか見つかりません。これは、植物が成長するにつれて CBG の大部分がすでに変換されているために起こります。

 大麻の一部の株は、その遺伝的および生化学的構成により、CBG 含有量が高くなります。CBGの入手が難しいため、大麻栽培者は、大麻植物がこのカンナビノイドをより多く生産できるようにするために、交雑育種や遺伝子操作を実験してきました。 

CBGの仕組み

CBGは体のエンドカンナビノイドシステムによって処理されます。エンドカンナビノイド システムは、外部環境で何が起こっているかに関係なく、私たちの体を最適な状態に保つ役割を担う分子と受容体で構成されています。

 私たちの体内では、CBGエンドカンナビノイドを模倣します、私たちの体が作る天然化合物。しかし、 THCの向精神作用はないので、ハイになることはありません。 

体内のカンナビノイド受容体

 私たちの体には、CB1 と CB2 という 2 種類のカンナビノイド受容体が含まれています。CB1 受容体は神経系と脳に存在し、CB2 受容体は免疫系や体の他の領域に存在します。

 CBGは両方の受容体に結合することで作用し、アナンダミドの機能を強化すると考えられています。喜びとモチベーションを高め、食欲と睡眠を調節し、痛みを軽減する役割を果たします。

CBG の潜在的な利点

 研究では、CBGには治療効果がある可能性があることが示されています。このカンナビノイドの正確な効果とその潜在的な利点を知るにはさらなる研究が必要ですが、ここではその発見のいくつかを紹介します。

不安とうつ病

 ある小規模な研究では、人々がCBGを多く含む大麻製剤を使用する最大の理由は不安を軽減することであり、3人に1人がうつ病を和らげるために大麻製剤を使用していることがわかりました。ほとんどの使用者は、CBG がこれらの目的に対して従来の薬よりも効果的であると感じたと報告しました。

慢性の痛み

 前述の研究では、人々がCBGを使用する2番目に多い理由は慢性疼痛であり、73.9%が従来の薬よりも効果があったと報告しています。慢性疼痛とは、3 か月以上続く痛みです。この種の症状は、米国成人のおよそ 5 人に 1 人、つまり約 5,160 万人の米国人に影響を与えています。

炎症性腸疾患 (IBD)

 あるレビューによると、炎症性腸疾患(IBD) 患者の15%から40%が、痛みを軽減するだけでなく食欲を増進するために大麻やカンナビノイドを使用しています。研究では、IBDに対する効果が期待できることが判明しているが、適切な用量や投与方法に関するアドバイス同様、質の高い証拠が不足していると研究者らは付け加えた。

緑内障

 眼圧 (IOP) としても知られる眼圧が高い人は、緑内障を発症する リスクが高くなります。いくつかの研究がカンナビノイドの IOP への影響を調べています。これらの大麻誘導体が人間と動物の両方の眼圧を下げるのに役立ち、緑内障の治療薬になる可能性があることを多くの人が発見しています。

ハンチントン病

 ハンチントン病は脳の神経細胞の破壊を引き起こします。カンナビゲロールは、細胞生存率にプラスの効果をもたらすと同時に、活性化が長すぎると細胞死につながる興奮性神経伝達物質の毒性作用から特定の細胞 (N2a 細胞) を保護するようです。

 2021年のメタ分析では、CBGは乳がん細胞の数の増加を阻止するだけでなく、この種類のがんに関連する炎症細胞も死滅させる可能性があると報告されています。

細菌感染症

 大麻の抗生物質の可能性に関する2020年の研究では、CBGには特にメチシリン耐性黄色ブドウ球菌 に対して抗菌特性があることが判明しました。黄色ブドウ球菌は、ブドウ球菌感染症を引き起こす薬剤耐性菌である MRSA としても知られています。

CBG 対 CBD

CBG には CBD と多くの類似点があります。

  • どちらもエンドカンナビノイドシステムに作用します。
  • どちらも精神活性ではなく、つまり「ハイ」を引き起こしません。
  • それぞれがTHCの向精神作用を打ち消すことができます。

 CBDCBGの最大の違いの1つは、大麻植物内でのCBDの普及率です。ほとんどの大麻植物にはCBGが1%しか含まれていないことに注意してください。逆に、CBD のレベルははるかに高く、CBD がこれらの植物に含まれる 2 番目に豊富な化合物であることを示す研究もあります。

まとめ

 CBG は潜在的な健康上の利点が期待できますが、その副作用やリスクなどを知るためにはさらに研究を行う必要があります。このカンナビノイドがどのように作用するのかをより完全に理解するまでは、それが安全に使用できるかどうか、安全な場合にどのくらいの量で使用すると最も治療効果があるのか​​は不明のままです。

CBGが含まれている商品も貼っときますので是非チェックしてください!

関連記事

1 Response
  1. […]  CBDやCBN、CBG、CBCなどの他のカンナビノイドと一緒に使用することで、THCの不安を軽減することができます。二つ以上のカンナビノイドを一緒に使用することで、これらのカンナビノイドが効果を促進する「アントラージュ効果」が生じます。不安を和らげることが目的であれば、CBDを含む製品を使用してみてください。 […]

コメントを残す