税込8,000円以上購入で配送料無料

税込8,000円以上購入で配送料無料

大麻を吸いすぎると不安になってしまう!?

 不安を軽減するために大麻を使用しているかもしれませんが、逆に大麻を使用して不安を引き起こすこともあります。では、THCが私たちにこのような異なる影響を与えるのはなぜでしょうか?THCを摂取した後、私たちの脳と体に不安をもたらす主は原因は何なのでしょうか?

THCと不安

 THCは人によっては不安を引き起こすことも、和らげることもあります。これは、その人の体質、使用されるTHCの量、そしてその製品に他のカンナビノイドが含まれているかどうかに依存します。一度に大量の大麻を使用する場合や、THC濃度が非常に高い製品を使用する場合などが不安や偏執病の主要な原因になっています。それは、脳が慣れてないTHCの流入に反応しているからです。

偏執病ってなに?

 偏執病(へんしゅうびょう)は、根拠のない過剰な疑いや他者に対する不信感、被害妄想を特徴とする精神状態または心理状態を指します。偏執病は、他人が自分に害を及ぼそうとしているという根拠のない信念や、自分が特別な悪意の対象になっているという感覚と結びついています。

 特に高濃度のTHCが含まれる大麻などを使用した際に、一時的な偏執病的な感覚や不安を経験することがあります。これは薬物が脳に及ぼす影響により、特に扁桃体という感情を処理する脳の部位が過剰に刺激されるためと考えられています。扁桃体が過剰に活性化されると、現実には根拠のない不安や疑念が生じ、その結果として、偏執病的な反応が引き起こされるのです。

THCによる不安と偏執病の管理方法

5-4-3-2-1法:不安を減らす方法は数多くありますが、5-4-3-2-1法は常に効果があります。

  • 5つの見えるものを認識する
  • 4つの触れられるものを認識する
  • 3つの聞こえるものを認識する
  • 2つの匂うものを認識する
  • 1つの味わえるものを認識する

 もし最初に効果がなければ、再度やってください。落ち着きと安定感を感じるまで繰り返します。

制御呼吸:深く呼吸をします。不安の時に脳が受け取る酸素が多ければ多いほど、和らげるのが簡単になります。

水分補給:日常の機能には水分補給が不可欠ですが、不安を感じている時は特に重要です。

外に出る:涼しい天候は感覚を刺激し、体をリフレッシュします。THCによる不安を感じたときに外に出ることは、あなたがどこにいようとも常に助けになります。

誰かと話す:THCによる不安を克服する鍵は、現実をしっかり捉えることです。ですので、直接会っても電話でも、別の人間と話すのが最善の方法です。あなたが感じていることについて話しましょう。

アントラージュ効果で救われる

 CBDCBNCBG、CBCなどの他のカンナビノイドと一緒に使用することで、THCの不安を軽減することができます。二つ以上のカンナビノイドを一緒に使用することで、これらのカンナビノイドが効果を促進する「アントラージュ効果」が生じます。不安を和らげることが目的であれば、CBDを含む製品を使用してみてください。

結論

なんでもそうだと思うのですが、自分の適正濃度を見つけて、少しずつ濃度や量を増やしてみましょう!初心者や慣れていない方におすすめの商品はこちら!

関連記事