税込8,000円以上購入で配送料無料

大麻が痛みを和らげる!?

 CBDはその治療効果で広く認められています。不安、ストレス、睡眠障害、そして痛みの軽減に役立つと報告する人が多く、大麻が慢性痛を含むさまざまな健康状態を治療するために使われるかどうか研究がされてきました。

 CBDは今や非常に人気があり、そして何よりも合法化されています。その一方で、THCは合法ではないものの、逸話的報告と様々な研究により、THCCBDが痛み管理に効果的な対策であることが確認されています。興味深いことに、これら自然に発生するカンナビノイドは一緒に使われた時、相乗効果を生み出し、さらに効果的になることが示されています。これをアントラージュ効果と言います。新しい研究が進むにつれ、これら二つのカンナビノイドについての情報がますます広まっています。

CBDとTHCについて

 CBDは大麻植物内で同定された113種以上のカンナビノイドに新たに加わったものです。最も有名なTHCは、大麻で知られる精神活性成分であり、ハイを引き起こします。一方、CBDハイを引き起こしません。CBDはマリファナ植物に存在しますが、麻として知られる非精神活性の大麻植物内でより多く見つかります。

 CBDの健康上の利点はこちらが知られています。

  • 抗てんかん作用
  • 抗吐き気作用
  • 抗酸化作用
  • 抗不安・抗うつ作用
  • 抗炎症作用
  • 痛み管理に関連する肯定的な効果

 ほとんどの被験者に安全であるとされるCBDは、猫や犬などの哺乳類ペットにも使用されます。しかしながら、ペットや自分自身にCBDを投与する前に、製品が正規であることと専門家による実験でテストされていること、品質と純度が保証されていることを確認する必要があります。

一方で、THCは以下の健康上の利点が知られています

  • 痛みの軽減
  • 不眠症の改善とより良い睡眠
  • 吐き気の減少
  • 食欲の増進
  • 一般的な幸福感
  • 身体的および精神的リラックス

痛みのための大麻

潜在的な利点と、特定の痛みを治療するために適切な消費方法を選択することが必要です。痛みは以下の4つの主要なタイプに分けられます。

  • 知覚性痛み:組織の損傷から生じる痛み。
  • 炎症性痛み:体の免疫系の反応によって引き起こされる炎症。
  • 神経障害性痛み:神経の刺激によって引き起こされる痛み。
  • 機能性痛み:IBSや線維筋痛症など、明らかな起源がない痛み。

 CBDの抗炎症効果とTHCの一般的な痛み和らげ効果は、これらの痛みのタイプ全てに異なる作用で役立つことがわかっています。特に知覚性痛みに関しては、フルスペクトラム(THCを含む)と言われる大麻の天然由来成分がすべて含まれている状態のCBDエキスを用いたオイルや軟膏を使用して集中的に治療する方法が最も効果的です。

 しかし、知覚性痛みは常に一定ではなく、体のあらゆる部分に移動する可能性があります。そのため、どんな種類の痛みに対しても、最も迅速な治療方法を求めることが一般的です。

日本のTHC規制

 日本では、大麻取締法に基づき、THC(テトラヒドロカンナビノール)を含む大麻の所持、栽培、使用、輸入、販売は非常に厳しく規制されています。THCは大麻の主要な精神活性成分であり、日本国内での娯楽目的での使用は違法とされています。

 CBD(カンナビジオール)については、THCを含まない製品に限り、法的な規制が緩和されてきています。2023年時点で、THCを全く含まないか、CBD製品の販売が許可されており、一部の店舗やオンラインで入手可能となっています。

ただし、CBD製品であってもTHC含有量が日本の法律で定められた基準を超えると、大麻取締法の違反に問われる可能性があります。

 大麻取締法の違反は重大な犯罪と見なされ、逮捕や起訴、さらには厳しい刑罰を受けることになります。日本において大麻関連製品を扱う場合、法的な規制を十分に理解し、違法な行為をしないように注意することが重要です。

結論

 大麻は痛みの緩和に役立つ代替療法として多くの可能性を示しています。慢性痛を患う患者たちに有益であることを示唆する逸話的な証拠が、頻繁なユーザーや新しいユーザーから記録されています。現在の研究で断定的な証拠が得られていないことを指摘することが必要ですが、逸話的な証拠は有望であり、記録された結果はほとんどが否定的ではありません。CBDは大麻植物の非精神活性成分であり、体と心を妨げることなく、その抗炎症と痛みを抑える効果から恩恵を受けたいユーザーにますます求められています。

社員の実際の声を聞くと痛みの緩和にはインディカ種のものがおすすめです。もし試したい方がいましたらぜひお買い求めください!

※こちらのブログは大麻を推奨しているブログではありません。

※大麻は日本では違法なので絶対吸わないでください。

※NEO CANNABISでは違法成分は取り扱っておりません。

関連記事