税込8,000円以上購入で配送料無料

税込8,000円以上購入で配送料無料

耐結晶性留出物 (CRD) とは何ですか?

 耐結晶性留出物(CRD)は、最新のカンナビノイド製品の一つで、広く注目されている特別な形態です。CRDは広範な微量カンナビノイドを含む同じカテゴリーの広域スペクトル蒸留物(BSD)に似ていますが、CRDは結晶化を最大6か月間防ぐ特別な工程を追加しています。この工程により、耐結晶性残留物は液体の状態を保ちながら、多様な微量カンナビノイドを高濃度で保持することができるのです。

 一般的にCBDは結晶状態になりやすい方、他の微量カンナビノイドは結晶化しにくい特性があります。CRDの液体状態は、さまざまな微量カンナビノイドを含むことができるため、CRDCBDの含有量や広範な微量カンナビノイドの濃度を向上させることが可能です。

 CRDには、最大25%の微量カンナビノイドと35~45%のCBDが含まれることがあります。 これにより、CRDはさまざまな用途に適しており、カンナビノイドの多様な特性を有効に活用できる魅力的な製品とは言えるでしょう。CRDはその独自の特性により、カンナビノイド市場において大きな注目を集めている新しい選択肢と言えます。

どの製品タイプが耐結晶性留出物に最適ですか?

 CRD は、自然な液体状態と高濃度の微量カンナビノイドにより、他のさまざまな製品カテゴリでも人気を博しています。マイナーカンナビノイドの利点に対する消費者の認識が高まるにつれて、 CBGCBN、CBCなどのカンナビノイドの需要も増加しています。CRD には 15 ~ 25% の微量カンナビノイドが含まれているため、この抽出物はチンキ剤、カプセル、局所クリーム、およびその他のさまざまな製品カテゴリでの使用に魅力的です。

 広域スペクトル CBD 抽出物の一種として、耐結晶性蒸留物もアントラージュ効果への関心の高まりを利用しています。大麻抽出物中の主要カンナビノイド微量カンナビノイド間のこの提案された相乗効果の有益な効果は、まだ明確に証明されていません。しかし、既存の証拠は、カンナビス・サティバの花の構成成分の全スペクトルが一緒に作用すると、個々のカンナビノイドの効果が強化されることを明確に示唆しています。

 耐結晶性蒸留物には、ほとんどの種類の CBD 抽出物よりも微量のカンナビノイドが含まれているため、それがもたらすアントラージュ効果が比例して強力になる可能性があります。CRDリキッドには理想的ですが、このバルク成分は他の製品にも使用でき、アントラージュ効果を高めることができます。

CBD と CRD の違いは何ですか?

CRD には通常 CBD が含まれていますが、ほとんどの種類の CBDCRD ではありません。「CRD」という用語は「結晶耐性蒸留物」の略で、結晶化に抵抗するカンナビノイド蒸留物の一種であることを意味します。

 CBDCRDで最も一般的に使用されるカンナビノイドですが、含めることができる唯一の麻化合物ではありません。CBGCBN、CBDa、その他のさまざまな天然カンナビノイドCRD と互換性があります。一言で言えば、CBDCRDは同じではありません。CBDカンナビノイドの一種です。CRDカンナビノイド製剤の一種であり、蒸留物として知られています。

なぜCRDなのか?

 CRD には、カンナビノイド含有量が高いという主な利点が 1 つあります。結晶化しないため、CBN、CBC、CBG にはより多くの余地が残されています。カンナビノイドが組み合わさって、アントラージュ効果として知られる効果を高める相乗効果のあるブレンドを作り出すことができるからです。

NEO CANNABISのおすすめ商品です!

関連記事

コメントを残す