税込8,000円以上購入で配送料無料

税込8,000円以上購入で配送料無料

マンゴーとマリファナの意外な関係

 マンゴーは甘くてジューシーな果物として、多くの国で非常に人気があります。 夏のデザートやスムージーの材料としてもよく使われます。大麻との相乗効果の関係もあるという話をアメリカで聞きました。今回はそれについてみていきましょう。

マンゴーと大麻、二つの植物の共通点

 多くの植物には独特の香りや効果を持つ成分が含まれています。マンゴーと大麻も例外ではありません。ミルセンというテルペンが存在します。このミルセンが、大麻の一部の効果を強化すると言われています。

なぜ効果を強化するのか?

 現在、多くの研究が行われている段階ではありますが、一部の専門家はマンゴーのミルセンが大麻の効果、特にリラックス感を高める可能性があると言われています。ミルセンは、脳へのカンナビノイドの取り込みを助けるとされ、効果が強化されると言われています。

いつマンゴーを食べたらいいのか?

 大麻の効果を感じやすくするためには、喫煙の約45分前に熟したマンゴーを食べるのがおすすめです 。また、天然のマンゴーをそのまま食べることで、最も多くのミルセンを摂取することができます。

他の食品と大麻の関係

 マンゴーだけでなく、他の食品にも大麻の効果に影響を与えるものが存在すると言われています。例えば、クローブやトリュフ、ニンジンなども大麻の体験をより良い体験にすることができると言われています。

 ただ当たり前のようにこれらの食品を食べるだけで「ハイ」になることはありませんのでご安心ください。是非大麻を次吸うときはフルーツと一緒に吸ってみてください。

マンゴー風味を味わいたい方はマンゴーテルペンを使用したこちらの商品をお買い求めください!

関連記事

1 Response

コメントを残す