税込8,000円以上購入で配送料無料

税込8,000円以上購入で配送料無料

大麻が好きすぎてブランドを立ち上げた10人のラッパー

それぞれのラッパーが立ち上がった大麻ブランドについて詳しく紹介します。

スヌープ・ドッグ – Leafs by Snoop

 スヌープ・ドッグは、ラップと大麻文化のアイコンで、その情熱を新たな高みに押し上げるために自らの大麻ブランド「Leafs by Snoop」を立ち上げました。拠点とするブランドは、4つのインディカ優勢ハイブリッド、3つのサティバ優勢ハイブリッド、および1つのCBD豊富な品種を提供しています。 さらに、手作りのフェアトレードの食品も提供しております、チョコレートバー、ジェリービーンズスヌープの愛情とこだわりが詰まったブランドです。

Berner – Cookies

 バーナーはラッパーであり、自身の大麻ブランド「Cookies」は大きな麻業界に影響を与えました。このブランドは高品質な製品と特徴的なブランディングで知られており、多種多様な大麻品種ですバーナーの目標は、大麻の体験を向上させたい人々に対して高品質な選択肢を提供することです。

Wiz Khalifa – Khalifa Kush

 ウィズ・カリファは、自分の音楽やイメージからも明らかなように、大麻文化と深い気づきを持っています。その愛情から生まれた品種が「Khalifa Kush」で、THC含有量が最大29%と非常に強力です。日常的なマリファナ愛好家にとって市場での取引相手となり、ウィズ・カリファのブランドは彼の個性と情熱を体現しています。

B-Real – Dr. Greenthumb’s Dispensaries

 B-Realはサイプレス ヒルの名所であり、自身のディスペンサリー チェーン「Dr. Greenthumb’s Dispensaries」彼は大麻の者であり、ディスペンサリー幼い頃の音楽と大麻愛を警戒しています。 彼のパイオニア的な存在は、大麻業界で確固たる地位を築く一故となっております。

Juicy J – Asterisk

 ラップとヒップホップシーンで名声を博したJuicy Jは、自身の医療大麻ブランド「Asterisk***」を立ち上げました。このブランドは、マリファナ愛好家のライフスタイルを具現化しました、多彩な大麻製品を提供しています。Juicy Jの情熱が詰まったブランドです。

Method Man – TICAL

 Wu-Tang ClanのメンバーであるMethod Manは、自身の大麻ブランド「TICAL」を展開しています。このブランドには魅力的な花の品種が含まれていますMethod Manのブランドは、大麻愛情だけでなく、社会的な問題へのアプローチも反映しており、彼の多面的な姿勢が浮き上がっています。

Curren$y – Jet Life

 Curren$yは、その独特のフロウと大麻愛で知られ、自身の大麻ブランド「Jet Life」を立ち上げました。このブランドは、花、プリロール、濃縮物などの上質です現在のブランドは、のんびりとしたライフスタイルを表現し、彼の音楽と大麻愛を注目しています。 彼のブランドは、音楽と大麻業界の融合を象徴しあります。

まとめ

 これらのラッパーは、音楽業界での成功に加えて、大麻の世界でも名声を確立しています。彼らの大麻への情熱と起業家精神によって、新たなブランドや特別な大麻品種が生まれ、大麻の合法化が進むことが、今後も多くのラッパーやアーティストがこの業界に発展し、創造性と情熱を込めて新たな展開をしていく期待されます。

ラッパーの人たち!これを試してほしい!!

関連記事

コメントを残す